逮捕されて取調べ受ける場合、
どのようなことに気をつければいいのですか?

事件によって対応の仕方は異なりますので、一律このように対応すべきというルール等はありません。そこで、以下、本当に基本的な部分のみご説明します。
まず、間違いなく自分が犯人ではない事件、自分自身がやったかやっていないか記憶がない事件では、警察官や検察官といった捜査官から厳しい取調べをされても、絶対に犯罪を行ったと認めてはいけません。一度、「やったかもしれない」という話をしてしまうと犯人扱いをされて、後に「やはりやっていない」と言っても、裁判所には信用してもらえず、有罪の認定がされてしまいます。そのため、このような場合には、積極的に言い分を伝えて自分の犯罪ではないと説明するべきです。そして、捜査官が説明を聞いてくれないような場合は黙秘をすべきです。
次に、自分の身に覚えのある事件ですが、このような事件の取調べに対してどのような対応をすべきかは、事件の内容や関与の度合い、捜査機関が把握していると予想される証拠等によって、ケースバイケースとならざるを得ません。
いずれにしても、どのような対応をすべきか、という判断はとても難しいので、弁護士に早く依頼し、よく相談することが大切です。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他