被害者に謝罪や賠償をしたい場合、どうすればいいですか?

謝罪や賠償をするのはできる限り早い方がよいですが、事件によっては被害者の方が「加害者の顔など見たくない」として、謝罪を拒否されることもあります。一方で、謝罪の受け入れ拒否を真に受けて謝罪に行かないでいると、後に「拒否されても謝罪に来ようとすべきだった」と言われ、被害者の方がお怒りの気持ちが強くなってしまうことがあります。
このような場合は、弁護士を通じて謝罪文を被害者の方にお届けし、損害賠償や精神的苦痛に対する慰謝料をお支払いして謝罪することが有効です。
弁護士が、加害者が今後どのような刑事処分を受けるかを説明することで、被害者の方に納得していただき、良好な関係に進展していく場合もあります。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他