公判前整理手続に付されるメリットは何ですか?

公判前整理手続に付される弁護側のメリットは、検察官の主張や提出する証拠を事前に把握することができ、防御活動をしやすくなる点です。従前、事件に関係する証拠は、被告人の有罪を認めるにあたり有利なもの、不利なもの、いずれも検察官の手元に集中し、弁護側は防御活動をしづらいことが問題とされていましたが、新設された公判前整理手続に付される事件では、弁護側が検察官と争いやすくなりました。
また、弁護側のみならず、全関与者に共通するメリットとして、争点が明確化して公判での審理が充実する点等も挙げられます。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他