執行猶予の判決とは何ですか?

執行猶予の判決とは、刑を言い渡したうえで、一定期間その執行を猶予し、その間に本人が犯罪等を行わず、善良に生活をつづけた場合には、その刑を執行しないことにするという制度のことを言います。
執行猶予はその刑罰の執行を猶予するだけなので、有罪として刑が宣告されたという事実が消されるわけではありません。執行猶予が認められるためには、被告人を今後きちんと監督する人がいるとか、既に社会的制裁を受けており十分な応報を受けているとか、などの諸事情を考慮して、裁判官が決定します。
なお、執行猶予に「保護観察」が付けられた場合には、執行猶予期間内は定期的に保護司に近況報告をしたり、保護司の指示に従って生活をしなければなりません。これに違反すると執行猶予が取り消されて刑務所に留置されることになるので注意が必要です。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他