接見禁止はどういう場合につくのですか?

法は、被疑者の逃亡や証拠隠滅を疑う理由があるとき、裁判所は被疑者と弁護人以外の人とが接見することを禁止することができると定めています。
逃亡や証拠隠滅を疑われる理由がないのに、裁判所が不当な接見禁止決定をする場合は、準抗告という手続によって不服を申し立てることができます。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他