---

情状事件の場合、被告人は何をすればいいのですか?

情状弁護においては、被告人が反省していること、二度と犯罪に手を染めないこと、被告人を監視監督する体制が整っていることなどを裁判官に理解してもらう事情や証拠をできるだけ積み重ねる必要があります。
このような事情や証拠を収集するため、ご家族やご友人の方などに協力いただくことが非常に大切です。

千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。 お問い合せフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。お問い合せフォームはこちら弁護士事務所に無料法律相談

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他