弁護士にお願いするメリットを教えてください。

交通事故の解決には、示談交渉、調停、裁判などいくつかのの方法があり、被害者と加害者の当事者間だけでも交渉を行うことができます。
しかし、当事者間で話し合いを進めると、どうしても感情的になりがちですし、相手方の保険会社が介入してきた場合等は、相手も数多くの示談交渉を行っているプロなので、対等に交渉をするのは難しい場合が多くあります。

そこで、弁護士に依頼すると以下のようなメリットがあります。
まず、当事者間の示談交渉が上手く進まない場合、調停や裁判といった法的手続きによって最終的な解決を図ることになりますが、紛争が長期化し、手間も費用も相当な負担となります。
これは相手方にとっても同様ですので、通常は相手方も損害賠償について裁判所で争うため、弁護士に依頼して「裁判を起こすことも選択肢の一つとして考えていますよ」という態度を示しながら交渉を進めることで、話し合いが有利に進むという効果が見込めるという点があります。
また、こうした話し合いの場合、弁護士を代理人に選任して交渉を進める方がスムーズですし、最終的に受け取る賠償金額が多くなることも少なくありません。
更に、仮に実際に裁判などの紛争に至った場合でも、裁判所の基準に従って、適正な賠償を受けることができます。

次に、相手方の保険会社が介入してきた場合でも、弁護士が間に入って交渉することで、対等な交渉が可能となります。
保険会社の担当者は、年間数多くの交渉をこなしている一方、人生で豊富な交通事故の経験を有する人はさほど多くはありません。交通事故の示談の場では、両者のこの知識と経験の差がそのまま受け取る賠償額に反映されるケースも少なくありません。保険会社は、裁判所の基準額を大きく下回る会社独自の基準に従って示談金の提示をしているにもかかわらず、内情をしらないとその額が正当な金額と思い込み、納得させられてしまい、十分な賠償額を得られないこともあるのです。
そこで、弁護士に依頼すれば保険会社の提示する示談案を検討し、不十分であったり不公平な点については法律面からきちんと反論してもらえますし、裁判所基準に従った適正な賠償額を受けることができるのです。

一方で、弁護士に依頼する場合は、どうしても依頼料金がかかります。提示された依頼料と、依頼したい内容のバランスを考慮して検討することをお勧めします。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他