自己破産って何ですか?

自己破産とは、①債務者が多額の借金などにより経済的に破綻し、②債務者が努力してもこれ以上返済ができないことを裁判所が認め、③免責不許可事由がない場合に、債務者の必要最低限の生活費、財産以外は全て金銭に置きかえ、クレジット会社などの債権者に、その債権額に応じて借金を返済するかわりに、残りの借金の支払義務を免除するという、国が設けた手続きのことをいいます。

しかし、自己破産をして、裁判所に支払不能と認めてもらったからといって、直ちに全ての場合で借金の支払い義務が免除される、つまり借金がゼロになるわけではありません。
借金の支払い義務を免除してもらうためには、2つの段階を経なければなりません。

まず、自己破産の申し立てを行い、裁判官に債権者の一覧、家計の状況等の資料などから、支払不能の状態にあると認めてもらうことを「破産手続開始決定」といいます。しかしこれだけでは、借金の支払が今後出来ない支払不能の状態であると裁判所で認定されただけにとどまり、借金はゼロになりません。

次に、この認定とは別に、借金を免除してもらいたいという免責の申立てをして、これが認められ、「免責許可決定」が確定してはじめて、債務の支払い義務が免除され、借金がゼロになるのです。(税金・国民保険・公共料金・損害賠償金などの債務は除きます。)
ここで、借金の理由が、ギャンブルに大金をつぎ込んで借金を作った場合や、最初から返済する気もないのに借金をした場合など、免責不許可事由に該当すると、免責が認められない可能性があります。
ただし、免責不許可事由が認められる場合でも、自己破産を申立てる方の様々な事情を勘案して、裁判官が裁量免責を認める場合もあります。
裁量免責が認められた場合にも債務の支払い義務が免除されます。

因みに、免責不許可事由は下記のように定められています(破産法252条)。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他