---

自己破産を行った後も、
親族への借金だけ返済を継続することができますか?

親族からも借金をしている場合、親族も債権者の一人ということになります。

自己破産は、裁判所に対して申し立てを行い、裁判所の判断で「破産開始手続き決定」「免責許可の決定」を認めてもらう、いわば公権的な借金の整理方法です。
したがって、自己破産の一連の手続きは、債権者平等の原則というルールに基づいて行われる必要があるため、すべての債権者を裁判所に申告しなくてはなりません。仮に、一部の債権者を除外して自己破産の申立てを行った場合は、免責不許可事由に該当し、自己破産の免責が許可されない可能性も生じます。
したがって、親族への借金だけ返済を継続しながら、自己破産を行うことはできません。
このため、親族への借金について必ず返済を行いたいなど個別の事情があるような場合には、弁護士に相談されることをお勧めします。

千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。 お問い合せフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。お問い合せフォームはこちら弁護士事務所に無料法律相談

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他