利息制限法と出資法って何ですか?

利息制限法とは、お金の貸し借り、つまり金銭消費貸借上の利息の契約と、賠償額の予定について、利息の観点から規制を加えたものです。一般的に、貸主である金融業者に比べて借主側が弱い立場に置かれ、高額な利息を押しつけられがちであることから、借主を保護する目的で定められた法律です。
これに対して、出資法とは、正式名称を「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律 」といい、金融業者に対して高い金利で貸し付けることがないように、歯止めをかけることを目的として定められた法律です。

社会的にも問題となっている「過払い金」は、この利息制限法と出資法の差が一つの原因となっています。詳しくは前述の、「3 過払い金って何ですか?」をご覧ください。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他