過払い金ってどうやったら取り戻せますか?

まず、過払い金の返還には、取引履歴の開示を貸金業者に依頼し、開示された取引について引き直し計算を行う必要があり、個人で行うのは煩雑です。このため、専門家である弁護士に依頼されることをお勧めします。
弁護士などに依頼して過払い金を取り戻すには、一般的に下記のような流れで行われます。

①弁護士者と面談で、家計の状況や債権者との取引内容などから、任意整理、自己破産、民事再生など、どの債務整理の方法を取るべきかを決定します。
②弁護士が事件を受任した場合、弁護士が事件を受任した旨を伝える受任通知を各債権者に送付します。これにより債務者本人(借主)への請求が禁止されます。
③受任通知を送付した後、貸金業者は、借主が過去、いつ、いくら借りて、いつ、いくら返済したという取引履歴を開示してくるので、過去の全取引を利息制限法の上限利率で計算し直します。
④上記の引き直し計算で判明した過払い金額をもとに、業者に返還するよう請求します。具体的には、返還する金額や時期などについて業者と折り合いがついたら、和解契約を締結します。
⑤この時、業者が取引明細を出してこない場合や、請求した過払い金の返還を渋るなど、任意の話し合いで返金されないような場合、裁判という手段をとることになります。
具体的には、業者が取引履歴を出してこない場合は、業者と交わした契約書や通帳の記載などをもとにして利息制限法による引き直しの仮計算を行い、借主の管轄の裁判所に過払い金返還請求の訴えを起こします。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他