---

会社の業績悪化のため株主総会が荒れそうです。
どのような対策をすべきでしょうか?

一昔前は、総会屋が株主総会を仕切っているような荒れた総会が散見されましたが、昨今は、一般株主の株主総会への積極的参加や発言を受けて、一般株主の出席を前提とした、開かれた株主総会の要請が強まっています。このような株主総会においては、一般株主からの質問に対して、取締役は丁寧に回答することが要請されていると言えます。
したがって、業績悪化などで株主からの厳しい追及が予想されることもありますが、基本的に取締役はこれに真摯に答えることが求められます。

但し、総会決議の内容に瑕疵を生じるような総会運営は避ける必要があります。具体的には、議題と関係ない質問に対してはこれを回答する必要はありませんし、インサイダー情報や企業秘密に関する質問に対しては、株主からの質問であっても、回答を拒否することが要請されます。
このような事情を踏まえて、適切な株主総会の運営を行うためには、社内の人間だけではなく、社外取締役は勿論、弁護士などの専門家を同席させることが有効です。

こうすることで、株主から法的な内容に係る質問事項が出た場合でも、適切に対応することが可能になります。

千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。 お問い合せフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。お問い合せフォームはこちら弁護士事務所に無料法律相談

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他