会社が退職金を払ってくれません。どうすればよいでしょうか?

退職金の支払いは、法律で定められた会社の義務ではありません。したがって、就業規則や労働協約で、会社が退職金の支払いを任意に定めていない限り、退職金制度がなくても問題ではない、というのが実情です。
但し、就業規則に定められていなくても、過去に多くの社員に退職金を支払った事実があれば、「慣習として退職金制度がある」とみなされ、会社に退職金の支払い義務が認められる場合もあります。仮に、その旨を会社に伝えた際に、過去に退職金制度があったことは認めるが、既に廃止した、といったようなことを言われたとしても、労使の合意によって就業規則を変えていない限り、会社のそのような言い分は認められないのが原則です。

これは、退職金の減額についても同様です。つまり、社員が自己都合退職する場合には退職金を減額する会社でも、就業規則でその旨を定めていなければ、勝手に減額することはできません。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他