---

離婚後も夫婦の一方に対して子どもを会わせなければいけないのですか?

子の親権者とならなかった親が、子と会ったり、手紙のやり取りを行ったり出来る権利のことを面接交渉権といいます。
夫婦間で面接交渉を行なうか否か、行なう場合にはどのような頻度で、どのように行うかについて合意出来ない場合には、親権者とならなかった親が、子との面接交渉を求める調停を起こし、調停で調停員を介し相手方と話し合いを行ない、合意に至らない場合には、家庭裁判所に決めてもらうことが考えられます。
この場合の面接交渉権は、親の子に対する愛情や態度など、個別の実情を総合的に考慮して決定されることになります。

千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。 お問い合せフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。お問い合せフォームはこちら弁護士事務所に無料法律相談

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他