夫も子どもの親権者になりたいと言っています。
親権者はどうやって決定されますか?

夫婦間に未成年の子がいる場合、離婚する際には、夫婦のどちらか一方が子の親権者となります。ちなみに婚姻期間中は、父母が共同して親権を行うものとされています。

親権者を決めるにあたっては、「子の利益」が最大の基準となります。具体的には、父と母それぞれの経済状況や家庭環境、子に対する愛情、監護意思に加え、子の年齢や子の意思等を総合的に考慮して決められます。
一度親権を決めても、「子の利益のために必要があると認められる」場合には変更することも可能とはされていますが、この場合は「変更を必要とする特別の事情が」必要とされており、安易な変更は認めないものとされています。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他