---

刑事裁判の証人に尋問は出来ますか?

被害者参加人は、検察官に予め尋問したい事項を示しておき、裁判所の許可を受けた上で、証人に対し反対尋問をすることができます。但し、反対尋問の内容は、起訴されている事実と関連することで、純粋な情状事実に限って認められます。具体的には、被害弁償や親族による将来の監督などがこれにあたります。

千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。 お問い合せフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
千葉県無料法律相談ご予約センター 043-224-2233 または お問い合わせフォームより。小さなお悩みでもお気軽にご相談ください。お問い合せフォームはこちら弁護士事務所に無料法律相談

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他