兄が、痴呆症が進んだ父の所有地を売って、自分の借金返済に充てようとしていることが分かりました。このままだと父は兄の言いなりに土地を売ってしまいます。
どうしたらいいでしょうか?

父親が認知症になったとしても、父親の財産は父親のものです。したがって、仮に将来の相続人であるとしても、兄が勝手に父親の土地を売ったりすることはできません。

そこで、父親に判断能力が残っている時点で、父親との間で任意後見契約を締結することが考えられます。これにより、父親の痴呆症が進行して判断能力がなくなった場合に、父親の財産管理についての権限が認められるので、兄によって勝手に土地が売られ、財産が散逸することを防ぐことができます。
また、仮にこの契約を締結していなかったとしても、早期に家庭裁判所に成年後見人の選任を申し立てることによって、成年後見人に父親の財産管理を依頼し、兄の行為を阻止する方法が良いと考えられます。

法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 または お問い合わせフォームから お問い合わせフォームはこちら 借金問題に関しては無料法律相談実施中
法律相談のご予約やお問い合わせは 043-224-2233 までお問い合せフォームはこちら借金問題に関しては無料法律相談実施中

どのような事でお困りですか?

  • 不動産
  • 交通事故
  • 企業法務
  • 相続・遺言
  • 顧問契約
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 労働問題
  • 建設紛争
  • 医療
  • 離婚問題
  • 親子・家族問題
  • 成年後見
  • 刑事事件
  • 犯罪被害者の支援
  • その他